各社スペック

2017-05-13

もっともお得なサービスのご紹介とそれぞれの使い方に合ったサービスのご紹介です

1. タイムズカープラス

2017-05-18

配備数7,574か所・13,736台、会員数約58万人(2016年1月現在)[2] - 業界1位

2015年時点でカーシェアリング市場の過半数を占める最大手。

基本的にタイムズ駐車場にステーションが置かれ、

全国の各主要都市でサービスを展開している。

長らく少ない車種で展開してきたが、商用車や外車なども積極的に導入してきている。

2. careco【カレコ・カーシェアリング・クラブ】

2017-05-18

配備数646か所・759台、会員数約3.4万人(2015年3月現在) - 業界3位

三井物産グループ。首都圏の都心部に集中して展開している。

他社に比べ車種が豊富であり、

プリウス・インサイトなどのエコカーから、

フリード・ヴォクシー・ウィッシュなどの7、8人乗り車両も利用できる。

3. オリックスカーシェア

2017-05-18

配備数1,348か所・2,172台、会員数約13万人(2015年3月末現在) - 業界2位

2002年にサービスを開始した業界古参。

フィット、ティーダラティオ、インサイト、i-MiEVなどエコカーを中心に展開。

2009年12月にはファミリーマートとカーシェアリングサービスの業務提携を結んだ。

全ての車両にITS技術を利用したカーシェアリングユニットを搭載している。

2012年4月に利用規約が変更され、

個人会員向けに月会費が無料(但し時間料金が割高)の料金プランが設けられた。

もどる